Critical Mass Nagoya / March 2022
Critical Mass Nagoya / March 2022

2022年3月のCritical Mass Nagoyaの記録。

otakuhouse / 2022.03.26

Critical Mass Nagoya / March 2022

2022年3月のCritical Mass Nagoyaの記録。

otakuhouse | 2022.03.26

2022年3月のCritical Mass Nagoyaの記録。

otakuhouse 2022.03.26

冬の夏沢峠越えパスハンティング
冬の夏沢峠越えパスハンティング

2022年1月、我々tetanurae.jpは八ヶ岳を南北に分ける古峠である夏沢峠を越える、パスハンティングスタイルの短いbikepacking旅行を行った。夏沢峠は標高2,400mを越え歴史も江戸時代まで遡れる古い峠で、日本三大峠の一つに数えられる。本稿は写真とともにその様子をレポートするものである。

otakuhouse / 2022.02.23

冬の夏沢峠越えパスハンティング

2022年1月、我々tetanurae.jpは八ヶ岳を南北に分ける古峠である夏沢峠を越える、パスハンティングスタイルの短いbikepacking旅行を行った。夏沢峠は標高2,400mを越え歴史も江戸時代まで遡れる古い峠で、日本三大峠の一つに数えられる。本稿は写真とともにその様子をレポートするものである。

otakuhouse | 2022.02.23

2022年1月、我々tetanurae.jpは八ヶ岳を南北に分ける古峠である夏沢峠を越える、パスハンティングスタイルの短いbikepacking旅行を行った。夏沢峠は標高2,400mを越え歴史も江戸時代まで遡れる古い峠で、日本三大峠の一つに数えられる。本稿は写真とともにその様子をレポートするものである。

otakuhouse 2022.02.23

続・資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来
続・資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来

この記事は、昨年の対談記事「資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来」を補完するものだ。二つを合わせて読むことで、より全体像に近い形でbikepackingという自転車旅の来歴と今を知って頂けたら幸いである。なお、英語圏での認識を話の軸とするため、文中では基本的に「bikepacking」の表記を用いる。 
文責:Kosuke Miyata & otakuhouse / Tappei Yoshida

tetanurae / 2022.01.13

続・資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来

この記事は、昨年の対談記事「資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来」を補完するものだ。二つを合わせて読むことで、より全体像に近い形でbikepackingという自転車旅の来歴と今を知って頂けたら幸いである。なお、英語圏での認識を話の軸とするため、文中では基本的に「bikepacking」の表記を用いる。 
文責:Kosuke Miyata & otakuhouse / Tappei Yoshida

tetanurae | 2022.01.13

この記事は、昨年の対談記事「資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来」を補完するものだ。二つを合わせて読むことで、より全体像に近い形でbikepackingという自転車旅の来歴と今を知って頂けたら幸いである。なお、英語圏での認識を話の軸とするため、文中では基本的に「bikepacking」の表記を用いる。 
文責:Kosuke Miyata & otakuhouse / Tappei Yoshida

tetanurae 2022.01.13

とある野郎のMYOG話 ~サコッシュ~
とある野郎のMYOG話 ~サコッシュ~

山岳サイクリングという言葉をご存知でしょうか。これはサイクリングの一つのジャンルで、そこに道や峠があれば廃道や旧道 (登山道) も厭わず、必要があれば押し担ぎで超えてしまう走り方です。今回はそんな山岳サイクリングの領域でMYOGを実践している、醍醐漫さんに過去の制作物の中からサコッシュについて寄稿いただきました (編集)

醍醐漫 / 2021.12.26

とある野郎のMYOG話 ~サコッシュ~

山岳サイクリングという言葉をご存知でしょうか。これはサイクリングの一つのジャンルで、そこに道や峠があれば廃道や旧道 (登山道) も厭わず、必要があれば押し担ぎで超えてしまう走り方です。今回はそんな山岳サイクリングの領域でMYOGを実践している、醍醐漫さんに過去の制作物の中からサコッシュについて寄稿いただきました (編集)

醍醐漫 | 2021.12.26

山岳サイクリングという言葉をご存知でしょうか。これはサイクリングの一つのジャンルで、そこに道や峠があれば廃道や旧道 (登山道) も厭わず、必要があれば押し担ぎで超えてしまう走り方です。今回はそんな山岳サイクリングの領域でMYOGを実践している、醍醐漫さんに過去の制作物の中からサコッシュについて寄稿いただきました (編集)

醍醐漫 2021.12.26

子育てと自転車。趣味との両立
子育てと自転車。趣味との両立

現在、私は4歳となった子と自転車を楽しむ日々を過ごしています。この「子と一緒に自転車に楽しむ」という状況に至るまでには、様々な体験を経て、考えを巡らす機会となりました。そして今回の寄稿では私が以前、自転車文化を推進するNPO法人を立ち上げたり、児童も参加する自転車スポーツの現場に関わったりと、今までの経験も含めた独自の視点をまとめる機会にもなりました。本稿は自転車愛好家にはもちろんの事、育児に向き合っている方、これから家庭を築いていこうとされる方らの参考にもなれば幸いです。

ダテ ツヨシ / 2021.12.25

子育てと自転車。趣味との両立

現在、私は4歳となった子と自転車を楽しむ日々を過ごしています。この「子と一緒に自転車に楽しむ」という状況に至るまでには、様々な体験を経て、考えを巡らす機会となりました。そして今回の寄稿では私が以前、自転車文化を推進するNPO法人を立ち上げたり、児童も参加する自転車スポーツの現場に関わったりと、今までの経験も含めた独自の視点をまとめる機会にもなりました。本稿は自転車愛好家にはもちろんの事、育児に向き合っている方、これから家庭を築いていこうとされる方らの参考にもなれば幸いです。

ダテ ツヨシ | 2021.12.25

現在、私は4歳となった子と自転車を楽しむ日々を過ごしています。この「子と一緒に自転車に楽しむ」という状況に至るまでには、様々な体験を経て、考えを巡らす機会となりました。そして今回の寄稿では私が以前、自転車文化を推進するNPO法人を立ち上げたり、児童も参加する自転車スポーツの現場に関わったりと、今までの経験も含めた独自の視点をまとめる機会にもなりました。本稿は自転車愛好家にはもちろんの事、育児に向き合っている方、これから家庭を築いていこうとされる方らの参考にもなれば幸いです。

ダテ ツヨシ 2021.12.25

PREV
NEXT

FEATURE

続・資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来
冬期シベリア自転車ツーリング | ロシア連邦サハ共和国
Bikepacking in Japanese South America / 日本の南米でバイクパッキング
旧中山道を自転車で走ってみよう
資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来
My US 30:DAY12 急遽、Santa Barbaraへ車の対応 
My US 30:DAY11 竹組み@L.A.

Posted by Chaya Minami 2019.08.29

My US 30:DAY10 Pop-Up in San Diego 2日目
My US 30:DAY9 Pop-Up in San Diego 1日目
My US 30:DAY8 Coffee outside

Posted by Chaya Minami 2019.08.03

LATEST