自転車をパックラフトに積む練習 (Bikerafting)
自転車をパックラフトに積む練習 (Bikerafting)

Bikeraftingというらしいんだけど、海外のBikepackerたちがパックラフトを自転車に積んでいるのをよく見る。筆者もこれを実際にやってみた。 といっても筆者はそもそもパックラフトをやったことがない。いきなり本格的なバイクパッキングに組み込む勇気はな ...

otakuhouse / 2022.07.16

自転車をパックラフトに積む練習 (Bikerafting)

Bikeraftingというらしいんだけど、海外のBikepackerたちがパックラフトを自転車に積んでいるのをよく見る。筆者もこれを実際にやってみた。 といっても筆者はそもそもパックラフトをやったことがない。いきなり本格的なバイクパッキングに組み込む勇気はな ...

otakuhouse | 2022.07.16

Bikeraftingというらしいんだけど、海外のBikepackerたちがパックラフトを自転車に積んでいるのをよく見る。筆者もこれを実際にやってみた。 といっても筆者はそもそもパックラフトをやったことがない。いきなり本格的なバイクパッキングに組み込む勇気はな ...

otakuhouse 2022.07.16

自転車自然主義
自転車自然主義

自転車自然主義。スポーツ自転車で自然を存分に楽しもうッ!という話ではありません。自転車に乗るという行為についてというよりも、どのように自転車と向き合っているのか?という話です。 私にとっての自転車とは「日々を味わう道具」だと最近、考えが至りました。通勤や通学、 ...

ダテ ツヨシ / 2022.07.15

自転車自然主義

自転車自然主義。スポーツ自転車で自然を存分に楽しもうッ!という話ではありません。自転車に乗るという行為についてというよりも、どのように自転車と向き合っているのか?という話です。 私にとっての自転車とは「日々を味わう道具」だと最近、考えが至りました。通勤や通学、 ...

ダテ ツヨシ | 2022.07.15

自転車自然主義。スポーツ自転車で自然を存分に楽しもうッ!という話ではありません。自転車に乗るという行為についてというよりも、どのように自転車と向き合っているのか?という話です。 私にとっての自転車とは「日々を味わう道具」だと最近、考えが至りました。通勤や通学、 ...

ダテ ツヨシ 2022.07.15

Critical Mass Nagoya / March 2022
Critical Mass Nagoya / March 2022

2022年3月のCritical Mass Nagoyaの記録。

otakuhouse / 2022.03.26

Critical Mass Nagoya / March 2022

2022年3月のCritical Mass Nagoyaの記録。

otakuhouse | 2022.03.26

2022年3月のCritical Mass Nagoyaの記録。

otakuhouse 2022.03.26

冬の夏沢峠越えパスハンティング
冬の夏沢峠越えパスハンティング

2022年1月、我々tetanurae.jpは八ヶ岳を南北に分ける古峠である夏沢峠を越える、パスハンティングスタイルの短いbikepacking旅行を行った。夏沢峠は標高2,400mを越え歴史も江戸時代まで遡れる古い峠で、日本三大峠の一つに数えられる。本稿は写真とともにその様子をレポートするものである。

otakuhouse / 2022.02.23

冬の夏沢峠越えパスハンティング

2022年1月、我々tetanurae.jpは八ヶ岳を南北に分ける古峠である夏沢峠を越える、パスハンティングスタイルの短いbikepacking旅行を行った。夏沢峠は標高2,400mを越え歴史も江戸時代まで遡れる古い峠で、日本三大峠の一つに数えられる。本稿は写真とともにその様子をレポートするものである。

otakuhouse | 2022.02.23

2022年1月、我々tetanurae.jpは八ヶ岳を南北に分ける古峠である夏沢峠を越える、パスハンティングスタイルの短いbikepacking旅行を行った。夏沢峠は標高2,400mを越え歴史も江戸時代まで遡れる古い峠で、日本三大峠の一つに数えられる。本稿は写真とともにその様子をレポートするものである。

otakuhouse 2022.02.23

続・資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来
続・資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来

この記事は、昨年の対談記事「資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来」を補完するものだ。二つを合わせて読むことで、より全体像に近い形でbikepackingという自転車旅の来歴と今を知って頂けたら幸いである。なお、英語圏での認識を話の軸とするため、文中では基本的に「bikepacking」の表記を用いる。 
文責:Kosuke Miyata & otakuhouse / Tappei Yoshida

tetanurae / 2022.01.13

続・資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来

この記事は、昨年の対談記事「資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来」を補完するものだ。二つを合わせて読むことで、より全体像に近い形でbikepackingという自転車旅の来歴と今を知って頂けたら幸いである。なお、英語圏での認識を話の軸とするため、文中では基本的に「bikepacking」の表記を用いる。 
文責:Kosuke Miyata & otakuhouse / Tappei Yoshida

tetanurae | 2022.01.13

この記事は、昨年の対談記事「資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来」を補完するものだ。二つを合わせて読むことで、より全体像に近い形でbikepackingという自転車旅の来歴と今を知って頂けたら幸いである。なお、英語圏での認識を話の軸とするため、文中では基本的に「bikepacking」の表記を用いる。 
文責:Kosuke Miyata & otakuhouse / Tappei Yoshida

tetanurae 2022.01.13

PREV
NEXT

FEATURE

続・資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来
冬期シベリア自転車ツーリング | ロシア連邦サハ共和国
Bikepacking in Japanese South America / 日本の南米でバイクパッキング
旧中山道を自転車で走ってみよう
資料でたどるバイクパッキングの歴史と未来
My US 30:DAY12 急遽、Santa Barbaraへ車の対応 
My US 30:DAY11 竹組み@L.A.

Posted by Chaya Minami 2019.08.29

My US 30:DAY10 Pop-Up in San Diego 2日目
My US 30:DAY9 Pop-Up in San Diego 1日目
My US 30:DAY8 Coffee outside

Posted by Chaya Minami 2019.08.03

LATEST